免疫力アップに欠かせない

100%里山クラブ見沼の農場産無農薬栽培の素材で作る

発酵食品「味噌作り」ワークショップ

参加者募集のご案内

「味噌作り」ワークショップ概要

里山クラブ見沼の農場産の無農薬大豆、米で作る

第一回

2023年2月19日(日)午前11:30〜

第二回

2023年2月26日(日)午前11:30〜

第三回

2023年3月5日(日)午前11:30〜

  • 第一回、第二回、第3回の内容は同じです。
  • 各回ともに終了後に仕込んだ味噌(約2kg)をお持ち帰りいただけます。
  • 大豆は「青山在来」という埼玉県小川町特産の有機無農薬で育てた大豆と里山クラブ見沼の農場で育った同品種の大豆を使い、当クラブの田んぼで育てた無農薬米で作ったコメ麹で仕込みます。
  • この無農薬米を埼玉県小川町で無農薬米だけを使って米麹作りを行う、星田食品様に送って米麹に仕上げていただきます。星田食品様は当クラブの立ち上げ時、また毎年困ったときに貴重な助言を下さる埼玉県小川町の有機農家である横田茂様からご紹介いただきました。
  • 但し、開催日までに新型コロナウイルスの感染状況が悪化した場合にはこのワークショップはキャンセルとなり、すでにお振込みいただいた参加費は返金いたします。

2021年味噌作りワークショップ(クラブハウス内)

2020年味噌作りワークショップ(レンタルスペース内)

募集の概要

里山クラブ見沼では、埼玉県小川町の有機農家から分けていただいた「青山在来大豆」という品種の大豆を東浦和にある自分たちの畑で無農薬栽培しています。この大豆を使って毎年、2月、3月に自分たちで味噌を作っています。味噌という発酵食品作りに必要な農作物を栽培し、収穫するまでの(&作った後の)農作業と発酵食品作りにご興味ある方を募集します。

このワークショップの意義

味噌は発酵食品としてその健康効果が注目されつつありますが、今日、私たちがスーパーで求める味噌・その他の発酵食品は農薬を振りかけられて育った大豆や米国産遺伝子組み換え大豆を原材料に使い、保存料がたっぷり入って大量かつ促成生産されたもので、発酵食品本来の持つ効用が保たれているか甚だ疑問です。そのような時代にあって、私たち里山クラブ見沼では日本人の食生活に欠かせない基礎食品である味噌を、安心、安全な自分たちが無農薬で育てた大豆や米を使って作ろうという活動を毎年行っています。このような私たちの考え方に賛同いただけて、大豆、米、麦を育てる作業に参加いただける方をこのイベントにお誘いしたいと思い、その参加者を募集する事にしました。今回は味噌作りですが、今後は醤油作りにも挑戦していく予定です。

味噌づくりまでのプロセス・必要な農作業

大豆から味噌を作るまでには多くの農作業が必要です。主な作業だけでも下記の作業が必要です。

1. 大豆の種まき(7月初旬〜中旬)2. 除草 3. 土寄せ 4. 防虫の為の木酢の散布 5. 大豆の収穫作業(11月下旬)6. 鞘からの豆取り(12月中旬)7. 豆の選別(12月中旬〜下旬)8. 味噌づくり作業(毎年2月から3月にかけて)

味噌が完成し『自家製味噌を作ったぞ!』という充実感を味わえて家族に安全で美味しい味噌を確保し、友人に自慢できるためには、これら収穫までの農作業も欠かせない作業です。

大豆の種まき

除草

鞘からの豆取り

豆の選別

大豆の種まき

除 草

鞘からの豆取り

豆の選別

募集要項

募集の条件

下記の条件をご承諾いただける方の応募を歓迎いたします。

  1. 毎週土曜日が農作業日ですができるだけ頻繁にこの農作業日にご参加いただける方(←この条件が最も大事です。ただし2022年1月からは毎週土曜日に加え、火曜、木曜でも参加いただけます。)
  2. 大豆の収穫作業&味噌づくり作業以外の農作業にもご興味があって農作業が好きな方(米、麦、大豆、野菜各種、果樹の栽培を手掛けています。)
  3. 里山クラブ見沼の正会員に加入いただきます。但し、最初の2回はお試し期間ですので年会費はかかりません。

ご留意頂きたい事

上記の「味噌づくりまでのプロセス・必要な農作業」でご説明しましたが、味噌作りに適する大豆を入手するには大変な手間がかかります。従いまして当クラブとしましては、この大豆づくり(とそれ以外の田畑で)の農作業の苦労と楽しみをご一緒に分かち合っていただける方を募集する目的でこの味噌づくりイベントを開催しております。しかしながら過去の味噌作りイベントでは「無農薬国産大豆と無農薬米から作った米麹から作る味噌」という超レアモノ食品をゲットしたいだけで、農作業には興味が最初から無いのに、このイベントに参加して味噌を持ち帰っただけの方が多数おられました。今回はそのような方のご参加はご遠慮願います。

参加費

5,000円

その他留意事項

  1. 応募者多数の場合にはご希望に添えない方も出るかもしれません。
  2. 里山クラブ見沼の味噌汁とご飯の軽食付、出来上がり約2キロのお味噌をお持ち帰り頂きます。
  3. 持ち物:エプロン、三角巾、手拭き用タオル、味噌を入れるタッパーや瓶などの容器 (3リットルの容量があれば入ります。お持ちでない方は当日ご相談下さい。)
  4. 味噌作り終了後、お時間のある方には里山クラブの圃場をご案内いたしますので、歩きやすい靴でお越しください。

場 所

里山クラブ見沼 クラブハウス 2階
〒336-0926 埼玉県さいたま市緑区東浦和1−15−12 JR武蔵野線東浦和駅徒歩3分

募集人数

第一回、第二回、第三回とも 先着4人

応募方法

  1. 下記の応募フォームよりお申し込み下さい。
  2. 当クラブより「お申込み受付しました。」旨の返信メールが届き次第8日以内に参加費¥5,000を下記口座までお振込み下さい。
    武蔵野銀行 東浦和支店 普通口座 1121847 「里山クラブ見沼」
  3. 「お申込み受付しました。」旨メールを当クラブで発信後、8日以内にお振込みがない申込みは無効となります。
  4. お申込み前または後に当クラブの定例農作業日(毎週土曜日)に「お試し農作業体験」されたい方は下記お問い合わせフォームよりお申込み下さい。いつでも大歓迎いたします。「お試し農作業体験」は4回までは無料です。参加希望者の集合場所は下記の地図の「当クラブのビニールハウス」(下記の地図参照)に土曜日の午前9:00または午後1:00までにご足労ください。

当クラブの田畑

2018年春、新たに果樹栽培と用地2ヶ所を確保しました。

クラブハウス

埼玉県さいたま市緑区東浦和1丁目15−12

最寄り駅: JR 武蔵野線 東浦和駅 クラブハウス: 駅から徒歩3分 田んぼと畑: 駅から徒歩12分

応募フォーム

  • 氏名を入力してください。必須項目です。
  • 連絡先となるメールアドレスを入力してください。必須項目です。
  • 連絡先となる電話番号または携帯番号を入力してください。これは任意です。
  • ご質問・ご要望等ございましたらここに記入してください。これは任意です。

ご不明なことがあれば下記の携帯までご連絡ください。 080-3537-2284(山内)